2015年11月28日

タリボン  製作

CIMG1932_R.JPG
CIMG1937_R.JPG
CIMG1952_R.JPG
CIMG1941_R.JPG
CIMG1960_R.JPG
CIMG1962_R.JPG
CIMG1943_R.JPG
CIMG1946_R.JPG
CIMG1953_R.JPG
CIMG1951_R.JPG
CIMG1965_R.JPG
CIMG1967_R.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

前向きに湾曲した独特な形の柄をしており、フィリピンに住むキリスト教を信仰する人々などが、使っていたそうです
オリジナルの柄になんらかの植物を編んで作られたと思われる物が巻かれていましたが、私には再現できなかったので、そのまま直接握る形になっています

長さは55cm,幅は2.5〜4.1cmほど
posted by 金段 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

104cm柄延長型

CIMG1743_R.JPG
CIMG1751_R.JPG
CIMG1762_R.JPG
CIMG1756_R.JPG
CIMG1778_R.JPG
CIMG1783_R.JPG
CIMG1766_R.JPG
CIMG1769_R.JPG
CIMG1776_R.JPG
CIMG1772_R.JPG
CIMG1815_R.JPG
CIMG1710_R.JPG
CIMG1730_R.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

両手で扱えるように、柄を長めにした物
片手で問題なく扱えて、両手でも持てる仕様の物と、常時片手で扱うには難があるものの、大型な物のどちらにしようか悩みましたが、今回は後者寄りの物にしました

長さは104cm,幅は3.9cmほど
posted by 金段 at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

グレイブ  製作

CIMG1290_R.JPG
CIMG1293_R.JPG
CIMG1296_R.JPG
CIMG1299_R.JPG
CIMG1323_R.JPG
CIMG1324_R.JPG
CIMG1302_R.JPG
CIMG1303_R.JPG
CIMG1306_R.JPG
CIMG1307_R.JPG
CIMG1267_R.JPG
CIMG1272_R.JPG
CIMG1336_R.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

ソケットや石突の部分に、試験的に真鍮を使用
1500年代後半に作られたグレイブを真似て製作した物
独特な形の穂先をしており、時代が経つにつれ、穂先が大型化したものが生まれたり
突起が追加された物が生まれたり、別の武器へと派生していった物も存在するそうです

穂先は22cmほど、全長は116cmほど
posted by 金段 at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

真鍮の剣

CIMG1070_R.JPG
CIMG1071_R.JPG
CIMG1074_R.JPG
CIMG1072_R.JPG
CIMG1083_R.JPG
CIMG1084_R.JPG
CIMG1075_R.JPG
CIMG1076_R.JPG
CIMG1078_R.JPG
CIMG1079_R.JPG
CIMG1032_R.JPG
CIMG1092_R.JPG
銃刀法に違反しないよう材質は真鍮で刃をつけずに模造刀として製作

真鍮をメインに使用した物
普段と使い勝手が異なっており、手間取りました
大型の材料が入手できたら、両手向きの大きさの物も作ってみたいです

長さは70cm、幅は3cmほど
posted by 金段 at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする