2016年07月29日

ブージ 製作

CIMG5573.JPG
CIMG5580.JPG
CIMG5595.JPG
CIMG5592.JPG
CIMG5604.JPG
CIMG5607.JPG
CIMG5598.JPG
CIMG5599.JPG
CIMG5600.JPG
CIMG5602.JPG
CIMG5561.JPG
CIMG5562.JPG
CIMG5519.JPG
CIMG5630.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

インドで使われていた、ブージを真似て製作した物
内側向きに湾曲した穂先が、柄に取り付けられた独特な形をしています
インドで作られた戦闘用の斧やメイス等は、柄の部分が金属で作られることが、度々あり、ブージの柄も金属で作られていたようです
今回は、柄の部分には真鍮を使用しました

穂先の長さは23cmほど、全長は83cmほど
posted by 金段 at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

マンゴーシュ 製作

CIMG5009.JPG
CIMG5017.JPG
CIMG5022.JPG
CIMG5032.JPG
CIMG5040.JPG
CIMG5048.JPG
CIMG5033.JPG
CIMG5034.JPG
CIMG5037.JPG
CIMG5039.JPG
CIMG5000.JPG
CIMG5002.JPG
CIMG4989.JPG
CIMG4973.JPG
CIMG5062.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

貝殻の形を模した、シェルガードの付いたタイプのマンゴーシュを真似た物
レイピアなどを扱う際に、利き手でない方の腕に装備し、相手の攻撃を防御したり受け流したりするのに使われていたそうです
マンゴーシュとして古いタイプの物である為か、時代が経ってから生み出された、新しいタイプのマンゴーシュに比べ、防御用の構造はあまり発達しておらず、シンプルな形をしています
シンプルな構造が扱いやすさにつながったのかは分かりませんが、
新しいタイプが出てからも使われていたみたいです

長さは43cm,幅は2.6〜3.9cmほど
posted by 金段 at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする