2016年09月16日

小型バルディッシュ 製作

CIMG6036.JPG
CIMG6039.JPG
CIMG6045.JPG
CIMG6053.JPG
CIMG6056.JPG
CIMG6059.JPG
CIMG6062.JPG
CIMG6064.JPG
CIMG6065.JPG
CIMG6066.JPG
CIMG6022.JPG
CIMG6021.JPG
CIMG6031.JPG
CIMG6067.JPG
CIMG6068.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

小型のバルディッシュを真似て製作した物
ロシアや東ヨーロッパ方面で使われていたそうです
穂先にスパイク状の構造が追加された種類の物や、式典用に装飾が施された物なども存在しているそうです

穂先の長さは37cmほど、全長は93cmほど
posted by 金段 at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

カスカラ 製作

CIMG5801.JPG
CIMG5813.JPG
CIMG5817.JPG
CIMG5824.JPG
CIMG5829.JPG
CIMG5833.JPG
CIMG5839.JPG
CIMG5844.JPG
CIMG5853.JPG
CIMG5856.JPG
CIMG5794.JPG
CIMG5784.JPG
CIMG5782.JPG
CIMG5858.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

アフリカのスーダンや南スーダンで使われていた、カスカラを真似た物
西洋で使われていた刀剣と、どことなく似通った形をしており、時代が経ってから作られたカスカラの一部には、貿易などで入手したと思われる、ヨーロッパで製造された剣に、現地で作られた柄を組み合わせて作られた物も存在するそうです

長さは92cm,幅は4.3cmほど
posted by 金段 at 20:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

ブージ 製作

CIMG5573.JPG
CIMG5580.JPG
CIMG5595.JPG
CIMG5592.JPG
CIMG5604.JPG
CIMG5607.JPG
CIMG5598.JPG
CIMG5599.JPG
CIMG5600.JPG
CIMG5602.JPG
CIMG5561.JPG
CIMG5562.JPG
CIMG5519.JPG
CIMG5630.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

インドで使われていた、ブージを真似て製作した物
内側向きに湾曲した穂先が、柄に取り付けられた独特な形をしています
インドで作られた戦闘用の斧やメイス等は、柄の部分が金属で作られることが、度々あり、ブージの柄も金属で作られていたようです
今回は、柄の部分には真鍮を使用しました

穂先の長さは23cmほど、全長は83cmほど
posted by 金段 at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

銅のダーク 製作

CIMG5300.JPG
CIMG5317.JPG
CIMG5319.JPG
CIMG5327.JPG
CIMG5356.JPG
CIMG5357.JPG
CIMG5333.JPG
CIMG5335.JPG
CIMG5337.JPG
CIMG5343.JPG
CIMG5287.JPG
CIMG5290.JPG
CIMG5286.JPG
CIMG5366.JPG
CIMG5365.JPG
CIMG5285.JPG
CIMG5361.JPG
銃刀法に違反しないよう材質は銅で刃をつけずに模造刀として製作

銅を主な材料に、スコットランドのダークを真似て製作した物
今回は、18世紀の初め頃に作られた、比較的小型で、シンプルな物を参考に製作しました
戦闘や実用向きに作られた物以外に、装飾性を強めた、豪華な装飾の施されたダークも存在しているそうです

長さは32cm,幅は2.5〜3.2cmほど
posted by 金段 at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

マンゴーシュ 製作

CIMG5009.JPG
CIMG5017.JPG
CIMG5022.JPG
CIMG5032.JPG
CIMG5040.JPG
CIMG5048.JPG
CIMG5033.JPG
CIMG5034.JPG
CIMG5037.JPG
CIMG5039.JPG
CIMG5000.JPG
CIMG5002.JPG
CIMG4989.JPG
CIMG4973.JPG
CIMG5062.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

やや古めの、棒状鍔に貝殻を模した、シェルガードの付いたタイプのマンゴーシュを真似た物
レイピアなどを扱う際に、利き手でない方の腕に装備し、相手の攻撃を防御したり、
受け流したりするのに使われていたそうです
マンゴーシュとして古い種類の物である為、時代が経ってから生み出された、
新しいタイプのマンゴーシュに比べ、防御用の構造は発達しておらず、シンプルな形をしていますが、
シンプルな構造が扱いやすさにつながったのかは分かりませんが、
新しいタイプが出ても、引き続き使われていたみたいです

長さは43cm,幅は2.6〜3.9cmほど
posted by 金段 at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

マルタ騎士団の剣 製作

CIMG4622.JPG
CIMG4631.JPG
CIMG4632.JPG
CIMG4637.JPG
CIMG4644.JPG
CIMG4647.JPG
CIMG4672.JPG
CIMG4677.JPG
CIMG4679.JPG
CIMG4683.JPG
CIMG4614.JPG
CIMG4615.JPG
CIMG4600.JPG
CIMG4590.JPG
CIMG4689.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

1800年頃に作られた、マルタ騎士団が使用していた剣を真似て製作しました
マルタ騎士団の歴史は古く、設立されてから、1000年近く経っている為、
使っていた刀剣も様々な物が存在したものと思われますが、
今回真似た物は、戦闘用ではなく式典用として作られた物だそうです

長さは89cm,幅は3.5cmほど
posted by 金段 at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ラグドスピア 製作

CIMG4333_R.JPG
CIMG4335_R.JPG
CIMG4345_R.JPG
CIMG4341_R.JPG
CIMG4360_R.JPG
CIMG4361_R.JPG
CIMG4343_R.JPG
CIMG4350_R.JPG
CIMG4351_R.JPG
CIMG4357_R.JPG
CIMG4312_R.JPG
CIMG4365_R.JPG
CIMG4305_R.JPG
CIMG4369_R.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

穂先の付け根付近から突起が生えた独特な形をしており、突起には、貫いた際に、槍が深く食い込みすぎて、引き抜くのが大変になるのを防ぐ役割があったそうです

長さは107cmほど
posted by 金段 at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

チュアラ 製作

CIMG4139_R.JPG
CIMG4127_R.JPG
CIMG4147_R.JPG
CIMG4128_R.JPG
CIMG4140_R.JPG
CIMG4143_R.JPG
CIMG4129_R.JPG
CIMG4130_R.JPG
CIMG4153_R.JPG
CIMG4134_R.JPG
CIMG4095_R.JPG
CIMG4098_R.JPG
CIMG4103_R.JPG
CIMG4154_R.JPG
CIMG4161_R.JPG
銃刀法に違反しないよう材質はアルミで刃をつけずに模造刀として製作

アフガニスタンと、パキスタンの国境付近に位置する峠周辺で使用されていた物を真似て製作
雑用などに向いていそうな小型の物も存在するそうです

長さは67cm,幅は4.2cmほど
posted by 金段 at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

胸当て2 製作

CIMG3967_R.JPG
CIMG3965_R.JPG
CIMG3971_R.JPG
CIMG3973_R.JPG
CIMG3939_R.JPG
CIMG3989_R.JPG
CIMG3934_R.JPG
CIMG3937_R.JPG
CIMG3978_R.JPG
一つ目の胸当てより鎖帷子状の部分を増やした物
今回は、背当ての部分を廃し、背中は鎖帷子状の物で覆う形式にしました

胸当て部分の厚さは1.5mmほど、重量は合計8.3kgほど
posted by 金段 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする